いつのまにか世の中のブログはHow to記事と意見表明の記事ばっかり。

 雨の中、引越しに関わる事務作業をやっていたら疲れてしまい、気づいたら寝てしまっていた。起きてから入った風呂の中で「自分はどういう大人になりたかったけ?」と思い返すために、高校時代に読んでた、当時の東京の若手社会人や大学生のブログを読み返していた。

 

 もう5年以上前のブログの記事にはたくさん写真が載っていて、その日にあったことや考えたことが雑にまとめれていた。そういえば、いつからかそんなブログを見かけることが減ったことに気づいた。気づいたら、世の中には役に立つHow to記事とSNSのポジション取りのための意見表明の記事ばっかりだ。

 

 そんなこんなで、これからもっとラフに自分の日々のよもやまをブログにしていこうと思った。storyに流すだけだと日々を記録に残せないから、もっと人の写真を撮りたいし。

 

 写真は友達の家で見かけたレム・コールハースが作った雑誌みたいなデザインの本。中身がふざけていて面白かった。その話を別の友達にしたら、「磯崎新中二病的なところがあるけど、一方、レム・コールハースはお茶目でいいよね」って言われて、なんだか納得するところがある印象論だと思った。

 

f:id:rikky_psyche:20180611010035j:plain

 

ブログの文章なんて、昔はこれぐらいラフなものだったと思うのだけれど、いつから今みたいになってしまったのかなぁ。