美しい青空が見え、気持ちのいい風が吹いて来て、音楽が鳴っていて、思わずstoryにあげたくなる、そんな場所はいつだって素敵なことが起こりそうな気持ちに僕らをさせてしまう。

GWに朝ごはんを食べに訪れた、友達ん家の屋上から見える景色が爽快だった。

そんな訳で「On the roof」という名のホームパーティーを小規模ながら屋上で開いてみた。
初めて屋上でパーティーをしたけれど、「ぼんやりとした話をするのに屋上は向いているなー」とか「屋上で大音量で鳴る音は爽快だなー」とか色々と発見が会った。

一軒家で24時間レイヴをしたり、クラブでイベントを開いたり、色々なパーティーを催して来たけれど、いつも人がたくさん集まって動いている様子を観察していると、たくさんの発見がある。どんな料理を食べるか、どんな曲が流れるか、どんな景色か、どんな人がいるか、どんな会話をするかなどなどの数え切れないほど、沢山の刺激を個人が受け取ることにより、パーティーの雰囲気は決まっていく。どんな刺激と刺激が組み合わされば、人々はどういう風に動くのか、どんな感情を抱くのか、少しずつ学んでいくことは、人間がどういう生き物なのかを学んでいくことなんじゃないかな、と少しだけ思う。

そういえば、今回はこれまで開いたパーティーの中ではあまり聞くことのなかった「チル」という単語を沢山聞いた。「僕がToro y Moiを聴いてた高校生だったとき、誰も「チル」なんて言葉を知らなかった。けれど、いつの間に「チル」って言葉はこんな市民権を得たんだろうか」と帰り道に考えていた。「チル」という言葉が普及する前に、若者って「チル」みたいなものを求めてたっけ。

どっかの社会学者に「あらかじめ全てを諦めている世代」とか僕らは言われていて、まぁ、それも分かるけど何かそんな簡単な言葉で僕らの気持ちは説明できないと思うんだよな、というかそもそも諦めている訳じゃないんだよな、とか前々から思っていたけれども、なんだかその違和感の鍵が「チル」という言葉の普及にあるんじゃないか、なんてことを考えていると、家に着いた。

パーティーはいつだって思いもよらぬ刺激を僕にくれて、思いもよらぬ考えに僕を至らせる。
パーティーを開いて、哲学する。そして、またパーティーを開く。
その繰り返しの中から解けるようになるものは何だろうか。

それにしても、美しい青空が見え、気持ちのいい風が吹いて来て、音楽が鳴っていて、思わずstoryにあげたくなる、そんな場所はいつだって素敵なことが起こりそうな気持ちに僕らをさせてしまう。そのチルな魔法の秘密もいつか解き明かせるんだろうか。

f:id:rikky_psyche:20170529000214j:plain

f:id:rikky_psyche:20170529000225j:plain

f:id:rikky_psyche:20170529000236j:plain

f:id:rikky_psyche:20170529000242j:plain

f:id:rikky_psyche:20170529000247j:plain