読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ELMER #2

 

発信する情報をすっかり見失って、更新の止まっていたsushi love…

とりあえず今更過ぎるんですけど、先日はELMERまじありがとうございました。無事盛況という形で終われてよかったです。出演して頂いた方。遊びに来ていただいた方、あざっした…もう二度とKLAXONSが流れる中、DJ卓に立って、客を煽ることなんてしないと思います…

去年一年間、「リッキーって何やってる人なの?」って聞かれたときに、答えれることが一つもなくて、本当にコンプレックスだったんですけど(「twitterぐらいですよ、ははは」って答えてた。情けない) これからは「ELMERってパーティーやってます」と答えていきたいです。東京では5月か6月ぐらいに(遠い目…)

自分が信じられないぐらい酔っ払っててめっちゃ面倒くさい奴だったから全カットしたドキュメントビデオが近いうちにyoutubeにあげれると思います。(根岸のラップが最高だった)

 

んでELMER 二回目を三月三十日に京都でやります。

京都の公○食堂ってとこでやります。18時からです。

チャージフリーなので是非、遊びに来てください~。

live

Ö(ex wallflower)(19歳)

f:id:rikky_psyche:20140228044322j:plain

Wallflowerのメンバーでシンセを弾いているrinaのソロワーク

 

Mörk | Öからフリーダウンロード出来ます。

彼女とは僕が浪人してて、どうしよもない目つきと顔をしていたときに、京都のカフェで開催されていたkyoto indie villegeで初めて会いました。

ちなみにそのとき、僕は金がなさ過ぎて、受付にいたユリエさんに入場料値切ってもらうように頼みましたが断られ、交通費を失い、主催である有村さんからお金を貰って帰りました。

 

maho little bear(19歳)

f:id:rikky_psyche:20140228044503j:plain

京都の大学生であり、susihi love/ELMERを一緒にやってる本多さんと旧知の仲だというmaho little bear。

初めて会ったのは京都大学西部講堂の炬燵。

一緒にごっつええ感じのコントをひたすら観ました。


Maho Littlebear's sounds on SoundCloud - Hear the world’s sounds

 

DJ

arimuri(22歳)

f:id:rikky_psyche:20140228044249p:plain

 

今回のELMERの出演者は全員、arimuriさん以外は19歳20歳ということで、いつの間にか年上に慕われるようになった京大生兼DJ兼トラックメイカー、arimuriさん。

そんなarimuriさんが進級を機に、吉田山から出て行かれるということで今回のELMERはそんな有村さんの桂行きを祝うのが裏テーマです(知らんがな)

初めて会ったときは僕はまだ高校生でした。METROで紹介されて、少しだけ喋ったあとに阪急電車乗ってたら、arimuriさんから「若いなぁ…インディーの未来感じたわ」みたいなリプライが届いたこと、よく覚えてます。一方のarimuriさんは僕の目つきが悪過ぎて、初めて年下から殺気を感じてたそうです。


In the blue shirt's sounds on SoundCloud - Hear the world’s sounds

 

isagen(19歳)

f:id:rikky_psyche:20140228045433j:plain

ホームズ探偵学院京都支部に所属するisagen。

TREKKIE TRAXやFOGPAKなどからリリースする、DJ兼トラックメイカー。

髪の毛を燃やしたり、髪の毛をペンキで塗っていたりします。

初めて会ったのはseihoさんの代官山unitでのリリパが開かれる前に未成年向けにやっていたsaloonでのイベント。その時は軽く挨拶だけしました。そのあと、僕は初対面のparkgolofさんと札幌は寒いという話をしながら、代官山を散歩しました。先日のELMERでは会う人会う人に「恋してる?」って聞いて回ってました。


isagen's sounds on SoundCloud - Hear the world’s sounds

 

笑う環境音楽(19歳)

f:id:rikky_psyche:20140228050637j:plain

インターネットに住んでることでお馴染みの笑う環境音楽

情報が早過ぎるため、最近、soundcloudで何を聴いても、笑う環境音楽が既に聴いた痕跡があります。

先日の二月のELMERでも締めにDJしてくれました。

笑う環境音楽と初めて会ったのはパブリック娘。のオールスター感謝祭。溢れる音楽への愛を僕が受け止めきれず、共通の友達の家に連れて行ったことをよく覚えてます。そのとき彼はバナナを食べていました。


íl笑ぅ環境音楽lí's sounds on SoundCloud - Hear the world’s sounds

 

これらのアクトに加え、僕らsushi love crewがDJしますー。

f:id:rikky_psyche:20140228051319j:plain

 

 

ceoの新曲が最高過ぎて泣いてる。

高校生の頃にindieを聴いてたときのこと、はじめてクラスヌに行ったときのことが思いだされて、朝焼けの中、どこまでもいける気がする。自転車で。

 

rikky