読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013ベスト

ぜえぜえ・・・つづけます・・・

10.東京女子流 「約束」

アイドルグループ東京女子流の3rd。ブラコン風味の楽曲を中高生の女の子が歌うそのギャップがたまりません。ジャジーな「月とサヨウナラ」はその点ベストトラック。受験帰りは基本これに癒されてました。ひーちゃんはかわいいですね
東京女子流 / Bad Flower -Short ver.- - YouTube 

9.Deep Magic 「Reflections of Most Forgotten Love」

サンプリングがうみだすどこまでも気持ちいいアンビエントアルバム。きもちいいしか言えない。それではみなさんご唱和ください。あ~きもちいい。

 

8.andymori 「宇宙の果てはこの目の前に」

 人々の暮らしということをフォークミュージックというならandymoriのメインソングライター小山田は間違いなく日本屈指のフォークミュージシャンだ。今まで以上にどこかカオスめいたandymori最後のアルバムは、逆にそのカオスさが人の、社会という不幸なシステムに振り回される心の葛藤を生々しく伝える。
「teen's」~andymori ライブハウスツアー"FUN!FUN!FUN!"ファイナル ...

7.Dirty Beaches 「Drifters/Love Is the Devil」

大学の成績表を親に隠していたこと、留年しそうになっていることが親にばれて落ち込んでいるときにUstで聴いた裸のラリーズのギターノイズに天啓を見た自分にとってはどんぴしゃなアルバム。驚異的なローファイ具合からたまらなくセックス、汗の香りがしてきます・・・ 後半には事後のように安らかなアンビエンスまで・・・
Dirty Beaches - "Casino Lisboa" (Official Music ...

6.LowPass 「Mirorrz」

ジャパニーズヒップホップ、めちゃくちゃかっこいいですね。
LowPass - Skip [Full Clip Ver.] - YouTube

5.Kanye West 「Yeezus」

ロウビットのインダストリアルトラックが世相ともマッチ。嫌いな人も絶対いるってのが最高ですね。PVでは物議をかもし、I Am a Godなんて曲まで。世界一の不協和音です。

4.Donato Dozzy 「Plays Bee Mask」

Bee Maskのトラック、Vaporwareをイタリア人DJ、プロデューサーのDonato Dozzyが7パターンremixし、それをコンパイルしたアルバム。これもきもちいいとしかいいたくない極上のアンビエント。エコーと反復・・・鳥の声・・・

3.James Blake 「Overgrown」

The WeekndといいWashed OutといいJake BuggといいこのJames Blakeといい2ndで無視されてる人がおおいような・・・個人的には少し冗長な部分を感じた前作よりずっとアルバムとしての完成度が高いように思う。ハウス、ヒップホップの新機軸もけっして借り物になっていない。Retrogradeのこのハミングのイントロを初めて聴いたときの感動たるや・・・そう、James Blakeはこのアルバムでメロディーを手にした。
James Blake Retrograde - YouTube

2.Justin Timberlake 「The 20/20 Experience」

 もう限界なんでこのPVみてください いかにもお金持ちホワイトな感じがたまりません。さすがメジャー!
Justin Timberlake - Suit & Tie (Official) ft. JAY Z ...

1.Iceage 「You`re Nothing」

2010年代最高のパンクアルバム(以前ここにレビューを書いたのでよかったら)

 

2013年は自分が音楽を聴き始めた年です。tofubeats知ったのも2013年。あといろいろな世界や人が見れてよかったです。