読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ステッカーが重なるMacを見て、大学四年間を振り返った話。その四

 前回の記事で大学三年の終わりまで辿り着いた。この記事では年が明けて、2016年の年明けから話していこうと思う。

 まず年始に我がシェアハウスに一通だけ年賀状が届いた。年賀状なんてもう何年も出してないけど、こうやって自分たちに向けたプロダクトが知り合いから家に送られてくるのはいいなーと思った。

f:id:rikky_psyche:20160814185536j:plain

 

 一月頭から去年の夏から働いてたIT系の会社と並行して、広告代理店の社内ベンチャーで働き始めた。仕事は簡単に説明すると、先端的な消費者リサーチをすることで未来の動向を調査するというものだ。

ここの仕事も面白かった。これまで主に働いてきた職場は広く括ればサービス開発だったので、シンクタンクやコンサルといった色合いの強い職場が新鮮だったのもある。だが、それより何よりそこの会社の働いている人たちが魅力的だった。

そこの社員の方々が自分のことを認めてくれて適切な課題設定とフィードバックしてくれたこと、そこの先輩の学生インターンの方々を見て、自分より学年が1つ上にこんな優秀な人たちがいるのかと思い見よう見まねで色々学べたこと、自分と同じタイミングでインターンとして入った人たちがいたおかげで彼や彼女らに比べて自分が何が秀でて何が劣っているのかを確認することが出来たこと、どれも良い体験だった。あと何と言っても未来のことを考えるのは楽しい。大学四年の夏である今もこの会社で働いている。

f:id:rikky_psyche:20160814190746j:plain

f:id:rikky_psyche:20160814190920j:plain

 

 二月。突如、Redbullの企画に出場することになり、二日の突貫工事で動画を制作する。僕は買い出ししかやってないけど、今のところシェアハウスメンバーで協力して何かを作った最後の企画がこれだった。結果はその企画の本選に出場することは出来なかったけど、たくさんのRedBullを貰ったので、それはそれでよかった。

RedBull Can you make it 2016 by Super Dog House

 

f:id:rikky_psyche:20160814191530j:plain

 

 春先に以前から働いていたIT系の会社の社長に呼び出され、その会社のアルバイトやめることになった。一応その会社から内定は貰っていたのだが、社長の考えでは新卒でこの会社、というよりもベンチャーに来るのは君にとって最適解ではない、ということだった。簡単にまとめたが、そのとき聞いた話は僕が一連の就活で最も影響を受けた話だった。今でもこのときの話や帰り道に考えたことは思い出す。

 

 その後、就活が始まる。調子に乗って両手あれば充分に数えれるほどしか、ESをを出さなかった。そのタイミングで縁あって別のIT系の会社で働くことになった。ここは素晴らしい会社で新進気鋭の業界最注目の会社であった。自分が就職する可能性も考えながら働き始めた。しかし、就活を続けながら代理店とこの会社で働くことに心の余裕がなかったこと、そして前述の社長の話からすれば自分が新卒で入る会社ではないと感じてしまったこと、そんな理由からワガママを言って、一ヶ月半でやめさせていただいた。自分が思っていたよりも就活しながら二社で働くというのはストレスだった。

素晴らしい会社であっただけに残念だった。人生の違うタイミングで働かせてもらいたい会社だった。入社したときに自分のデスクに自分の名前の書いた風船が吊られたとき、最後の出社の際に花束をもらったとき、すごく嬉しかった。

f:id:rikky_psyche:20160814190632j:plain

 

 三月と四月は趣味で雑誌を解体していた。「tokyo teleport」というチームを組んで雑誌で遊ぶためだった。今のところ、音楽イベントに雑誌のページを持って行って、そのページからお客さんにオリジナルの雑誌を作ってもらうというワークショップしか実施していないけど、他にも色々やりたいことがあるので準備中。これをやってるおかげで雑誌関係の知り合いがたくさん出来て嬉しかった。個人的にも雑誌を買うことが数倍に増えた。これからももっと頑張りたいなぁ。

f:id:rikky_psyche:20160814191850j:plain

f:id:rikky_psyche:20160814191904j:plain

f:id:rikky_psyche:20160814192002j:plain

 

 四月からイタリア人が我が家に住み始めた。彼が作るパスタはとても美味しかった。六月からはもう一人のイタリア人が我が家に住み始めた。より一層、家が賑やかになった。コロコロと同居人の人数が変わり、月によって家に住んでる人数が変わった。普段、外国に行かない僕にとって外国人と暮らすのは新鮮な体験だったけど、日本人と住んでいるのと違うことは特に無かった。日本と彼らの国の文化の違いやイタリアやヨーロッパの人々の暮らしなど新鮮な情報をたくさん教えてもらった。

f:id:rikky_psyche:20160814192241j:plain

f:id:rikky_psyche:20160814192312j:plain

 

 ちなみに就活の結果は数社しかESを出さなかったのにも関わらず散々であった。ESで落ちたり、一次面接で落ちたりということが続いた。どうしたものかしら、と困っている時にとある大企業の人に呼ばれた。大学二年生の後半にインターンしていた会社の先輩だった。その人は僕より一年早く就職し、その会社に入社していた。話は「うちでアルバイトとして働かないか?」というものだった。仕事が面白そうだったこと、就活が少し落ち着き始めていた時期だったこと、自分がESを提出していた企業だったので様子を見ようと思ったこと、春先に元バイト先の社長から勧められた会社だったことなどなどの複数の理由から、そこでアルバイトを始めた。実際に仕事は面白かったし、いい会社だなぁと思っていた折に、アルバイトしていることとは関係く、その会社から内定をいただけた。そうしてその会社に就職することを決めた。人生は何が起きるか分からない。そもそも今年の頭には今の内定先のことを自分の肌に合わない会社だと思っていたことを考えると不思議だ。

 就活が終わった友達に就活の話を聞くと、誰も彼もそれなりにドラマがあって面白い。お父さんから送られてきた内定おめでとうのメールにグッと来る友だちがいたり、就活が終わって久しぶりに話したら口癖が「それもまた人生」になっていて達観した考え方になっている友達がいたりして面白い。就活終わってから会ってない友達には是非そのへんの話を詳しく聞かせて欲しい。

 そうしてこうして内定先の大企業と広告代理店の社内ベンチャーで働きながら、今は暮らしている。大学生活最後の半年は「お金」よりも「時間」を優先すべきだとはよく言うけど、色々な会社で働くってのもそれはそれで面白いかな、と思ってる。おかげでたくさん本が買えて嬉しい。それもまた人生。

 

 

 ここ最近、久しぶりに会った友達は僕が仲良かった頃より、人生のステージを一段、あるいは何段も進めており、自分が知っている彼や彼女らと変わってしまっていて、寂しくなることが多い。でも周りから見れば、僕もそうなのかもしれない。果たして、僕はこの三年半で少しでも大人になれたんだろうか、と思いながら、自分のMacに貼ったステッカーを見つめる。名残惜しくて、新しく買ったProに移行せずに、三ヶ月間ぐらいが経過した。それもまた人生。

f:id:rikky_psyche:20160814215332j:plain

 

 

 

 

 

 

 

※余談だが最近は昔のインターネットはどんな文化だったのか、そもそもインターネットはどこから来たのかみたいなことをぼちぼち調べてる。これが楽しい。何かしら形にできたらいいのだけれど。

f:id:rikky_psyche:20160814215434j:plain

f:id:rikky_psyche:20160814215448j:plain

f:id:rikky_psyche:20160814215519j:plain

f:id:rikky_psyche:20160814215536j:plain

ステッカーが重なるMacを見て、大学四年間を振り返った話。その三

 前回は大学二年の終わりに大阪でパーティーを開いた話まで辿り着いた。大学二年の終わり、春休みにもう1つ大きな出来事があった。シェアハウスを解散したことだった。そしてまた同じ街の家でもともと僕と一緒に住んでいた三人とパーティーでいつもVJをしてくれていた友達の四人で住み始めた。移り住むのときの引っ越しはほんとうにしんどかった。ゴミ屋敷一歩手前ぐらい汚かった家のものを運び、また捨てたのだから当たり前なのだが。次の日が川を渡った隣の区のゴミの日だったので、夜中から朝にかけて何度も端を渡り、ゴミを捨てに行ったときはほんとうにしんどかった。そのあと何もない家に帰ってきて、新しい家に戻る体力もなく、同居人たちと何もない床に寒い中、倒れこんだときはもう体から何もかもがなくなった気がした。

f:id:rikky_psyche:20160723235414j:plain

 そうして五人暮らしが始まりました。この頃は毎晩、朝までボードゲームをしていました。あとレイトショーもよく観に行ってた気がします。よく友達も家に呼んで遊んでいた。「ドローンを買おう」ってよく行ったけど、結局、買わずじまいだったりしました。

f:id:rikky_psyche:20160724000707j:plain  

 五人暮らしと言ったけれど、僕が紹介した女の子と同居人が付き合うことになって、彼女がよく家にいたので、実際のところは六人暮らしでした。彼らは夏に結婚することになって、僕らの家を出て行きました。生まれて初めて僕は仲人になりました。思っていたよりも早かったです。彼らが出て行くとき、僕らは皆、なんだか忙しくて特にお別れの挨拶もすることなかったです。そのあと、彼らには子どもが生まれて、もう数ヶ月経つんですが、まだ写真でしか見たことがありません。なんだかんだ人生はタイミングが大事で、一度別の道に進んでしまうと、案外会わなくなったりするもんです。パーティーをやっていたときも一緒に主催していた友達と会わなくなるなんて思わなかった。

 そして、四人暮らしになり、その後、新しく二人住み始めて六人暮らしになって、一人が抜けて今度は五人暮らしになったりしました。住人がころころ変わるのもそれはそれで面白かったです。シェアハウスの住人でビジコンに出たり、夏の新宿でスイカ割りしたり、たくさん遊びました。この夏は朝に家に帰ることが多かった。

 

f:id:rikky_psyche:20160723235830j:plain

f:id:rikky_psyche:20160724000622j:plain

 春から僕は新しいバイトを渋谷で始めていました。CGMサービスを運営している会社で働いていました。この会社でもよく怒られました。「机の上が汚い」「お辞儀の角度が正しくない」「お茶の出し方が間違っている」などなど怒られた点は多岐に渡ります。自分が気にしたことなかったことまで怒ってもらいました。前のバイトに引き続き「世の中って厳しいなぁ」と思いました。そのときに怒ってもらったことは今でも思い返します。今の職場で何も言われなくても、ときたま自分の所作を思い返し「これだとそのときの上司に怒られるな」と心掛けることは多いです。「使えない人」として扱われるのが悔しかったのと少しでも給料に対するバリューを上げれるように、毎朝、机を拭いたり窓を拭いたり、オフィスの掃除から始めていました。でも結局、思いつきで数ヶ月で急にやめてしまいました。今でも申し訳ないです。

 

 この年の夏にはたくさんの短期インターンに行きました。何度か優勝したこともあったけど、途中で帰らされたこともありました。優勝したけど、自分のチームメイトがバリュー発揮できなくて悔しくて泣いていたときもありました。まだまだコミュニケーションに問題がありました。あと優勝したりして調子に乗っていたりしました。つまらなくて途中で行かなくなったこともありました。相変わらず失敗ばかりです。色々な人に迷惑かけたと思います。同じ間違いをしないようにしても同じように間違えることもあるし、成長するって難しいです。少しずつ、同じ間違いをしないようにならないと。このときに褒めてくれた人も怒ってくれた人も貴重な時間を作ってもらって、今から振り返ればすごくありがたいです。

 「短期インターンに行くメリットって何ですか?」って後輩から最近、よく聞かれます。早期内定を貰うって直接的なメリットもありますが、色々な会社を見れるってのはメリットなんじゃないかなぁと思います。就活の際の会社選びの定規を伸ばすことが出来ると思います。まぁこの話はまたどこかで…。

 

 あと夏は同居人の山の中の別荘でパーティーを開きました。プライベートな敷地なのでクローズドなパーティーでした。千葉の山奥までたくさんの友人が遊びに来てくれて嬉しかったです。この日もすごく大変で、そのぶんすごく楽しかった。昼から準備を始めて、翌日の昼にパーティーが終わった。24時間パーティーをやり続けたんじゃないかな。クローズドなものも含めれば、これが最後に開いた音楽イベントでした。この日に城くんが撮影してくれた映像がすごくよかった。いつか公開できればいいのだけれど。

 余談だけど、このときパーティーをやった家はもうすぐ売られちゃうらしいです。最後の夏にみんなでパーティー出来れば嬉しいね。

f:id:rikky_psyche:20160724005055j:plain

f:id:rikky_psyche:20150825173758j:plain

f:id:rikky_psyche:20150825174000j:plain

 

 前のバイト先を突然やめて、二週間した、ある日。とある人から連絡が届きました。大学一年のサークルをやめさせられたときに、僕が受けた説教をREMIXして曲にしてくれた先輩と一緒にレーベルを経営していた人でした。その人はその後、IT系の会社を起業していました。大学二年の夏に一週間だけ軽く仕事をお手伝いしたことがありました。その人から一年ぶりに連絡が来ました。話を聞くと、どうやらその人が起業した会社がそこそこ大きい会社に買収されており、そこの会社の中のチームとして動いているようでした。そして、その会社で別のチームが大学生向けのアプリを作っているとのことでした。そこでアドバイスが欲しい、という連絡でした。元から知っていた会社だということもあって、大学生なりにアドバイスをさせてもらいました。その場がきっかけでひょんなことから、その会社で働き始めることになりました。この会社は結局、大学三年の終わりまで八ヶ月間、働かせてもらいました。統計やらプロモーションやら、色々勉強させてもらいました。大したことはしてないけど、めちゃくちゃ勉強させてもらいました。様々な意思決定の際にどういう理屈で考えればいいか、教えてもらいました。今、何かを考えるときの基盤になっていることの多くはこのときに教えてもらいました。人とどうやってコミュニケーションすればいいかもこのときの上司を参考に思い描いて考えることが多いです。リーンスタートアップとか統計の本とかそのときの上司にまだ返していない本がいくつもあって申し訳ないです。

 あと、此のバイト先はそれまで働いた会社の中で一番楽しかったです。自分が将来働くイメージを持つことが出来ました。この会社で働くのが楽しすぎて大学三年の後半はほとんど大学に行きませんでした。あくまで学生バイトの身で重責やプレッシャーが殆どなく、のびのびした環境だったことや周りの人たちがすごく優しかったことおかげなのだけれど「働くのって楽しい」と心底思ったのは、自分の将来を考える上でいい経験でした。

 上司の家のソファーで寝たときに、そのソファーでおしっこ漏らす夢を見て、飛び起きたことが懐かしいです。

 

 長くなったので、その四に続きます。この連載はいつ終わるんでしょうか…。

 

ステッカーが重なるMacを見て、大学四年間を振り返った話。その二

 前回の記事では大学二年の夏に音楽イベントを開催したところまで振り返った。その後、ひょんなことからアドテクノロジーのデマンドサイドプラットフォームの提供会社のサマーインターンに行くことになる。Twitterで「〇〇って会社のインターン行きたいけれど、募集が大学三年生からなんだよなぁ」と呟いたところ、エゴサーチで見つけた全く知らない社員の方から「受けてみればいいじゃん!」とリプライを貰ったのがきっかけだった。自分の人生の転機には必ずTwitterがあります。

 このインターンが凄まじく楽しかった。三日三晩寝ずに答えがあるのかも分からない課題をチームで考えつづけました。どうやら自分は「答えのない課題をチームで考え続ける」みたいなことが好きみたいです。ここの会社のインターンが自分をIT業界へと、より惹きつけることになりました。今でも思い返します。

ちなみにこのとき僕はkeynoteパワポも触ったことがなくて、Macも持ってなくて、プレゼンも下手くそでめちゃくちゃ足手まといでした。コミュニケーション能力も低いし、会議の論点もずらしてしまいがちでした。フィードバックを聞いても、ピンと来てませんでした。今から考えると、凄まじく調子に乗っていました。このときの参加者はどなたも優秀でしたが、会う人はだれも居ません。自分に独りよがりな行動や態度が多かったのではないか、と思います。ちなみに課題がそんなところだと気づかずに、「とりあえずMacに慣れねば!」と思って、この夏にMacを買いました。

f:id:rikky_psyche:20160719165336j:plain

 

そしてネット広告に興味を持ったのをきっかけに夏の終わりからネット広告に関する会社で働くことになります。一日にやるべき仕事が決まっており、効率よく仕事を回すテクニックや一度、上司に聞いたことはきちんと覚えることが求められる職場でした。バイラルメディアの運営やライターをやっていたときは社員も少なく、自由な環境だったのに対して、きちんとした制度や組織が存在する会社でした。ここでもコミュニケーションが上手く行かず、周りのインターン生にも馴染めず、仕事も上手く行かず、毎日怒られていました。仕事に行くのが嫌な時期もありました。結果、大学三年の始めまで、半年勤めて、やめました。怒られる毎日できちんとバリューを発揮出来たのかは怪しいですが、一部のネット広告の実務的なシステムがどのように回っているかを実感することが出来たので、自分としては満足でした。この会社に勤めたおかげで「あ、短期インターンでアイデア出す=優秀ではないんだ」ということに気づきました。今になって振り返れば、遅い、遅すぎる気付きです。

 

 また夏の途中から高田馬場のシェアハウスに住み始めました。きっかけは朝五時に「○○(当時住んでた街)も飽きたなぁ」と呟いたところ、以前にイベントに出てもらった、ふるえるゆびさきのメンバーが居候を募集しているつぶやきが数分後にTwitterのTLに現れたことです。彼はふるえるゆびさきのもう一人のメンバーと高校からの同級生の三人で住んでいたのですが、彼以外が夏休みの間、留学に行ったり、実家で大学院の勉強をしたりしていて、留守だったのです。朝八時には生活必需品を持って、彼らの家にいました。最初は夏休みの間の予定だったのですが、帰ってきた残りの二人にも「住めば?」と言われ、元の家を解約し、本格的に住み始めました。ラーメンと油そばばっかり食べてたように思えます。当時は全員、就活もまだ先だし、特にすることもないしって感じでわりかし皆、ヒマでした。一日中、ワンピースのアニメの名シーンを同居人と見たりしていました。この頃の生活が自分の大学生活の中でもっとも怠惰を嗜んだ毎日だったと振り返ったときに思う。当時、乃木坂にハマっていた同居人が毎日歌っている声が聴こえたりしました。

f:id:rikky_psyche:20160720074211j:plain

 冬にはシェアハウスで101本の映画上映会をやっていました。諸事情あって、途中で中止になっちゃったんだけど、毎日家で映画を上映して、色んな人がうちに遊びに来てくれるのは楽しかったです。思いつきだけど、やってよかった。このときに初めて観た、僕たち急行A列車のことは電車の車窓から線路に近い家のベランダを眺めるとき、いつも思い出します。

f:id:rikky_psyche:20160720074428j:plain

 またこの大学二年という一年間は今から思えば狂ったように遊んでた一年間だったように思える。先輩と金曜日の夜から遊んで、土曜日に奥渋谷の別の先輩の家で仮眠して、そのあと渋谷で寿司を食べるか、ホテルの朝食バイキングに行くかを選んでいた。そしてその後、土曜日一限に出席し、そのまま一限が終わり次第、また先輩と遊んでいた。遊んでいたって言っても、色んな国の大使館を巡ったりとかそんなんだけど。大学生活が後半になるにつれて、そんなふうに遊ぶことは減っていたけど、この一年は本当に楽しかったように思えます。「リッキー君って毎日楽しそうだよね」って大学でよく言われました。何事にも無邪気だったように思える。

 冬にはまたELMERというパーティーをやりました。MISTAKES、DJ UCHIAGE、Redcompass、2 Fat DJ、笑う環境音楽、自分で言うのも何ですがいいメンツだったと思います。毎回、パーティーは開くたびに出演者の人が素晴らしいプレイや演奏をしてくれて、感無量になります。だけど、もう運営しているチームは疲労していました。「たかが小規模のパーティー」と言われてしまうかもしれないけど、これ以上、現行のメンバーでパーティーをし続けるのは無理な状況でした。何が問題だったかを明確に言い表すことは出来ないけれど、とにかく皆が色々なことに疲れてしまっていました。この日から会ってない運営メンバーもいます。皆、何してるんだろう。振り返れば、またしても僕はコミュニケーションに失敗してしまったように思います。

f:id:rikky_psyche:20150224221856j:plain

f:id:rikky_psyche:20150224223710j:plain


ELMER#4

 

 大学二年の終わりには幾人かのELMER運営メンバーとふるえるゆびさきで大阪に向かい、大阪でELMERを開きました。VJをやってくれていたしょたろが大阪まで一日かけて車を運転してくれました。フラフラになりながら夜に僕の実家に着くも、その後、朝まで人狼をしていたせいで疲れが全く取れてませんでした。フラフラのふるえるゆびさきのケツを叩いて翌朝、スタジオに練習に行かせました。この日のイベントはふるえるゆびさき、本日休演、the oto factoryのライヴ、Blackglass GさんとLATECKSMANこと宮島のDJというメンツでした。今思い返しても、皆、来ておくべきでしかなかったという豪華なメンツだと思える。そこまで交流のなかった本日休演やthe oto factoryの皆さんが出演してくださり、かつ素晴らしいライヴパフォーマンスで嬉しかったです。これまでライヴに出演してくださった人たちのライヴはいつだってまた観たい人たちばかりです。この日はそのあと朝まで難波の怪しい店が立ち並ぶ迷宮みたいな建物で飲んで過ごしました。楽しかった。翌日は静岡の旅館に泊まって帰りました。

f:id:rikky_psyche:20160720082046j:plain


ELMER#5

 結果としては、これが僕が最後に開いたパーティーになってしまった。色々やりたい気持ちはそのあともあったのだけど、色々うまくいかなかった。少しずつ聴いている音楽も減っていった。気づかない間に自分が高校生活のときに思い描いた大学生活とは違う方向へ舵を切っていきました。総じてコミュニケーションに失敗し続けた一年でした。そのときは気付いてなかったけど。

 

 長くなったので、その3に続きます。ようやく折り返し地点まで辿り着きました。

 

 

ステッカーが重なるMacを見て、大学四年間を振り返った話。その一

 相も変わらず、今晩も新宿のカフェで今日も仕事をしている。ここのところ、毎週末いるような気がする。いつから、ここに通うことになったのだろうか。最初は深夜の映画上映時間までの時間を潰すために来たのかしら。詳しくは覚えていない。今日はインターン先の壁にイラストが描かれている様子を見てたら、仕事を残して帰宅してしまったのだ。ベンチャーみがある。

f:id:rikky_psyche:20160716213432j:plain

 

 「この壁はリッキーのMacみたいにしたいのよねぇ」と社員の人に言ってもらった。自分のMacは大学二年の夏に購入してから、ステッカーを貼り続けてきたので、ステッカーにステッカーが重なり、地層のようになっているのだ。一枚一枚を見ていると、自分の大学生活を思い出す。

f:id:rikky_psyche:20160717004115j:plain

 

 ちょうどいい機会なので、ブログにこれまでの大学生活三年半をまとめておこうと思った。

 

大学1年

 入学と共に入った音楽サークルを夏休みが始まる前にやめさせられることになった。やめさせられる際の説教を隠し撮りして、あとで先輩にRemixしてもらって曲にして、Soundcloudに公開した。今から思うと、生意気で嫌な一年生だったと思う。

 その後、サークル無所属でヒマになって、夏休みはぶらぶらしていた。そんな中、Love and the Kraftsと失敗しない生き方というお世話になってた先輩のバンドが3マンライヴをするという話を聞き、下北沢のライヴハウスに赴く。そこで知らない唯一知らなかったアクトであった「ふるえるゆびさき」というバンドの演奏を観る。あまりにそのライヴがよかったこと、話を聞けば同い年であったことから、演奏後に声をかける。ちなみにそのときの演奏がこの動画。携帯を見ながら踊っているのが僕である。このとき、幾人もの友達に「ふるえるゆびさきのライヴがやばい」と連絡をしていたことをよく覚えている。「いつか彼らを呼んで、イベントを開こう」とも言っていったこともよく覚えてる。

 その後、なんやかんや遊んでた気がする。「大学生活を楽しまねば」「大学生活中に何かをなさねば」みたいな強迫観念に囚われては空振りしていたように思う。

 12月末に「渡邉公開処刑ナイト」というイベントを開く。当時、よく遊んでいた岐阜の大学生の渡邉くんを社会的に処刑するという名目で開かれた、DJイベントだった。当時、作成したNAVERまとめを読むと「RIKKYの軽はずみな思いつきから始まったこのイベント。名を連ねるDJたちは、インターネットを通して各々が渡邉元気に対して日頃から一言物申したいと切望してきた面々であり、今回このRIKKYの呼びかけに応えた」と書いてある。自分が開いたイベントなのに意味が分からな過ぎる。満足のいく盛り上がりに主催メンバー一同、やり切った後味が残る夜だったことをよく覚えている。

 大学1年の終わりに西麻布で「ELMER」というイベントを開いた。「違いは争いや差別ではなく、ロマンスを生むことを証明する」という先輩の言葉を受け売りをコンセプトとして、不定期開催するパーティーをスタートさせたのだった。前日にイベント当日が大雪ということが判明して、搬入の車が使えなくなったときの絶望的な気持ちとか、不安なまま始めたけど、お客さんが盛り上がって凄く嬉しかったこととか、最後にフリースタイル合戦になったこととか、たくさん覚えてる。gloomy、butajiさん、ふるえるゆびさき、どのアクトも素晴らい演奏で本当に有り難い気持ちでいっぱいだった。

f:id:rikky_psyche:20160717012303j:plain

f:id:rikky_psyche:20160717012251j:plain

 

 その勢いのまま、春休みに京都でもELMERを開く。Maho little Bear、isgaen、笑う環境音楽、Ö、in the blue shirts、全員大学生でイベントをやれて嬉しかった。島田くんと笑う環境音楽とisagenと有村さんでB2Bをやって、黒眼鏡Gさんが盛り上がってくれてたこと光景が懐かしい。

 

大学二年

 大学二年になり、キャンパスが都心になり、さらに週に六回、朝から夕方まで授業が有るという生活を送ることになる。今から考えると、どうしてそんな暮らしを送れたのか不思議だ。授業の時間の都合でそれまでの塾講師ができなくなったので、バイラルメディアのライターを始める。記事執筆にMacが必要だったのだが、当時はMacを持っていなかった。大学のiMacや六本木の雑居ビルにあるオフィスでMacを借りて、しこしこ記事を書いていた。今では複数人が働くようになった、その会社であるが、当時はオフィスには社長一人しかいなかったこともあって、よくオフィスに遊びに行って、色んなことを社長から教えてもらった。ITに疎かった自分に色んな知識へ興味を持つきっかけを与えてくれたのは、このときの社長だった。

 そして、また夏がやってくる。今度は渋谷でELMERを開くことになる。Soleil Soleilこと優作さん、ナツノムジナ、Carpainterのライヴ、同世代の人たちの演奏で盛り上がる空間を見れて、感無量だった。一緒に主催していた友達がお客さんに肩車されていたこと、フロアの雰囲気に手応えを感じたこと、この日のこともたくさん覚えている。

f:id:rikky_psyche:20160717015317j:plain

f:id:rikky_psyche:20160717015322j:plain

 

 この夏は長い夏で、このイベントを開いた後に、アドテクの会社の短期インターンに行って衝撃を受けたり、シェアハウスを始めたりすることになるのだが、長くなったので、その2に続く。僕の大学生活序盤は音楽へと傾倒していたが、この夏に少しずつ変わり始めるのだった。

 

 

 

七夕、だからと言って何てことない普通の一日の話。

 内定祝いとして頂いた資生堂パーラーのチョコとチーズケーキを摘み、家の前の自販機で売ってた「ベリーと天然水」という名の世界のKitchenからの新製品を飲みながら、この文章を書いている。時間は2時51分。明日の朝も早い。だけど金曜日なので何とかなる気がする。

目の前で同居人のイタリア人が手に入れたばかりのパソコンを前に首を傾げている。僕の耳にはイヤホンから韓国人が作った細野晴臣が関わった曲で作られたmixが流れているので、彼が何と言っているかは分からない。僕の耳は彼の疑問よりも、いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリーの曲を優先している。

なんだか今日は素晴らしい日だったように思えるので、明日の朝も早いのに久方ぶりにブログに日記を書くことにした。1カ月前から「1993年生まれがマッキントッ書について調べてみた」という記事を書こうと思っているのだが、何だか仕事以外にキーボードを叩く気が沸かず、持ち越しとなっている。今回の日記がその記事を書くターボになればいいのだが…。

 

 バイト先の昼休み。銀座の鉄板焼き屋でお肉を食べた。味噌汁の器が湯のみで驚いた。食べ終わると別室に案内され、何かと思うと、その部屋で珈琲を飲む手順となっていた。銀座はふらっと入った店でたまにこんなふうに思いもよらないお洒落に出くわすことが多い。去年の夏はビーサンに短パンで出社していたが、今年の夏はそういう訳にはいかなそうだ。街が許してくれなそうだ。

f:id:rikky_psyche:20160708030346j:plain

 

 ランチを終え、仕事に戻る。大学生にとって、夏は最もオフィスワークが心地いい季節だと思う。外は暑い。家でクーラーにあたっていても何をする気力も起きない。一方、オフィスはクーラーも効いているし、外に出なくても飲み物もお菓子も買える。そして生産性が高まる。そんな理屈で去年は恵比寿で沢山働いていた気がする。今年の夏も沢山働くことになりそうだなぁ。インターン先の合宿は片瀬江ノ島にて行われ、初日は喫茶店をまるまる貸切らしい。

 仕事の帰り際にパン屋で働いている女子大生に聞いていた質問が返ってきた。パン屋で働くとどうなるか?と尋ねていたのだが、彼女いわく、人はパン屋で働くと下記のようになるらしい。

・幅広い人種に出会うことで、キャパが広くなり、ひとに対して寛容になれる

・パン美味しいからひとにわけあたえたくなり、ひとに対してやさしくなれる

・強い見た目でかわいいパン買ったりするお客さんがいるので、ひとを見た目で判断しなくなる

パン屋で働く人間として、120点の解答ではないだろうか。他にも何人かのパン屋で働く女子大生にも同じ質問をしたが、皆、一様にパン屋で働いている人は優しそうな解答であった。恐るべしパンの力。自分もパン屋で働けば、もっと人に優しくなれたのかもしれないと思った。

 

 

 19時にオフィスを出て、赤坂へ向かう。もう1つのバイト先が七夕ということで短冊を実施していたからだ。20時から晩ご飯の予定があったのだが、折角の機会、季節ごとには乗っておいたほうがいいと思った。「卒業するまでに赤坂の会社でやりたい仕事の依頼が来るように」と願い事を短冊に書いた。slackを見ると、土曜日の朝にミーティングを開くことが決まっていた。行かなくても良いミーティングなのだけれど。インターンが会社のことを好きすぎて笑う。フライヤーも作られていた。

 

f:id:rikky_psyche:20160708042642j:plain

 

 笹に短冊を結び、そそくさと赤坂を出る。新宿三丁目へ。中華料理屋で自分と自分の友だちの内定を先輩方に祝っていただいた。その際に貰った資生堂パーラーのお菓子が冒頭に摘んでいたものの出処だ。出版業界やグラフィティーの話で盛り上がる。僕がラメルジーの説明をするために「アルファベットが戦闘機になるんですよ」という言葉を使うと、目の前に座る先輩が不思議そうな顔をしていた。理由を尋ねると、ダダ宣言の冒頭にある「ABCは123を電撃する」という言葉が先輩のお気に入りのフレーズらしいが、その言葉にここ数年の中で最も近いものを感じたのが「アルファベットが戦闘機になる」というフレーズだったらしい。一方の僕は「ABCは123を電撃する」という言葉を知らなかったため、検索してみた。すると、望むような検索結果は出ず、どうやらそのフレーズはネットにない、あるいは奥底に埋もれているようだ。そして「もしかして?」という予測検索ワードに「ABCは123を電マする」という言葉が転がっていた。何故、「電撃する」が「電マする」に負けるのかはよく分からなかった。ちなみに「ABCはは123を電マする」という言葉の検索結果も、検索ワードどんぴしゃの文章はなく、微妙な結果であった。

 

f:id:rikky_psyche:20160708042504j:plain

 

 そう言えば、先輩の家から駅にまで行く道の途中に、パン屋があるらしい。そのパン屋の開店の時間に合わせて出社するようになってから、規則正しい生活を送れるようになったらしい。パン屋はやはり偉大である。

 

 ほかにはパンチカードの話をした。パンチカードは1801年にフランスで生まれ、当時は自動繊機を制御して複雑な布を織るために使用されていた。そして、19世紀末にパンチカードを情報の格納庫として利用する者が世界中で現れた。例えば、19世紀末のアメリカは大規模な移民の受け入れにより、1880年の国勢調査が1889年になっても集計が完了しないという問題を抱えていた。計算している間に人口が大きく変動してしまう、この状況を解決したのパンチカードによる集計マシンで、これによって集計のスピードが10倍になったという。当時は手書きで記録を取り、それを事務所に持ち帰ってパンチカードに転記するという手間を踏んでいた。そのシステムには集計機自体も1回1回人間が処理の仕方を設定する必要があるなどの欠点があった。それでも、その圧倒的な処理能力は「驚異のテクノロジー」と賞賛され、様々な分野で使用されていくことになった。そして、パンチカードの「1行 80項目(桁)」という標準はFORTRANを筆頭としてその後のプログラミング言語にも長く受け継がれていくことになったという。そして1896年、この事業のために作られた会社が現在のIBMの母体になったのだ。そんなパンチカードの進化系がフロッピーである。マッキントッ書を調べている中で、フロッケのことを調べていたのもあって、フロッピーの魅力を語った。下に貼ったのは「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」で見かけたパンチカードの写真。

f:id:rikky_psyche:20160708042449j:plain

 

 宇川直宏の特集が組まれている雑誌を今度見せて貰う約束を交わし、一人で歩く帰り道。新宿三丁目から高田馬場へ帰る。僕は歌舞伎町や新大久保の雑多さが嫌いじゃない。夜や朝に散歩するには気持ちいい道だとさえ思っている。ゴミやダンボールで汚い街を見ると、人が生きていている様子を感じることが出来る。

 道中、中華屋に居た際に届いた友人や仕事先からの連絡を返す。一人の友達から「リッキーー!ほんとごめん!」という連絡が届いていた。ここ2か月ぐらい、いつものようにネットで見つけた面白い情報や仕事の連絡を彼女に送っていたのだが、返事が返ってきていなかったのだ。普段、そういうことがあると「あれ、嫌われたかなぁ」とか「返事返せよ」とか思ったりするんだが、今回に関しては全く何も思わず「まあ忙しいんだろう」と思った。そして変わらずシェアしようと思った情報を送っていた。そんな彼女から連絡が戻ってきたのだが、どうやら返事が出来ない事情があったようだった。でも特に何とも思っていなかったので、なんとなく「信頼の形」ってこういうものなのかなぁと思った。普段、自分が人を信頼していないみたいだが、自分は人に期待することが苦手なのだ。そんなこんなで彼女と夏休みに東京の雑居ビルの屋上を巡る話や就活が終わった報告をしているうちに家に着いた。

 

 最近、仕事で色んなところに文章を書いている。そうして気付いたのだが、自分はどうやら文章を書く行為が特段好きな訳ではない。そして得意ではない。だが、こうやって睡眠時間を削って、未来の自分に2016年の7月7日のことを伝える方法として文章はなかなか悪くないかもしれない。いつだって昔のブログを読み返すと、文章が下手すぎて辟易とするのだが、そんなパンチカードに処理できない、雑みの有る情報を残しておくのも悪くないかもしれない。その未熟さ含めて、いつかまた今日のことを思い出すだろう。歌舞伎町や新大久保の道端にゴミが溢れる様子が嫌いじゃないことも似たような話なのかもしれない。

 

29歳になって振り返ると、進路もリコーダーのテストも似たようなものなのかもしれない話。

 僕の通う大学は文学部だけ二年生から神奈川のキャンパスから都内のキャンパスに移る。他の学部は三年生から移ってくることになる。僕は文学部なので、都内のキャンパスに通って三年目になる。

今年度よりそのキャンパスの自販機のラインナップからいつも飲んでいたドクターペッパーが消えてしまったことに最初の登校日に気付いた。(さらに第二の選択肢であるリアルゴールドも消えていた。)
Twitterを検索しても、僕以外は誰も話題にしておらず、うちのキャンパスでその2つの飲料を熱烈に支持している者はマイノリティーであることを知った。

そういった経緯で何も飲めなくて困っていることをバイト先の後輩である、同じ大学の三年生に伝えた。しかし、彼女は僕とは別の学部で、今年から都内のキャンパスに移ってきたため、そもそもその二つが自販機で売っていることすら知らなかった。

 

 「歴史は此のように更新されて忘れ去られていくのか…」と寂しい気持ちになると同時に、自分はもうすぐ大学から出て行く立場になったのかと驚いた。キャンパスに一日いても「さん付け」でしか呼ばれなかったりしたときも同じように思う。
ちなみに「レッドブルよりはドクターペッパーの方が体に悪くなさそう」という僕のイメージも後輩には伝わらなかった。ドクターペッパーは思ったより世の中でも支持されていないのかもしれない。

他にも気軽に平日から先輩を遊びに誘えなかったりして「来年の今頃には(たぶん)社会人かぁ…」と思うことが日々多いのだけれど、社会人になってる自分を想像するのは難しい。来年から働く会社も特に決まってないし。社会人が主人公の漫画を読んでいると、来年や再来年にはもっと共感できて読み方が変わるのかしら、と思う。

 

という訳で最近読んだ社会人が主人公の漫画で一番おもしろかったのが「A子さんの恋人」というハルタで連載中の作品である。(そう言えばハルタに載っている入江亜季の新連載、まだ読めてないなぁ)

f:id:rikky_psyche:20160503182735j:plain

 

「A子さんの恋人」のストーリーについて、コミックナタリーの文章を引用すると下記の通りだ。

 

“29歳のアラサー女性・A子は、アメリカ留学を機に、恋人A太郎と縁を切ろうとする。が、うまく別れを切り出せぬまま渡米。そして3年後に帰国するも、人の懐に忍び込むのが上手なA太郎のペースにハマり、まんまと元の腐れ縁に逆戻りしてしまう。ニューヨークにもA君という恋人を作っていたA子は、三角関係という面倒な事態に頭を悩ませる。

優柔不断で、問題を先延ばしにしてしまうA子のクズ人間っぷりが招いた状況を面白がり、ニヤニヤ見守る女友達のK子とU子。30歳を目前に控えた、大人だけど少し大人じゃない、半人前の男女がとりとめのない会話を繰り広げる無責任シティロマンス。”

 

要は美大を卒業して数年経った、29歳社会人たちが恋人、友達、家族と絡みあうドタバタ劇なのだが、この漫画がめっぽう面白い。中高生のときにハチクロやらもやしもんを読んで「こんな大学生活が送れたら、楽しそうなぁ」と思っていたときに通じる「こんな社会人生活送れたら。楽しそうだなぁ」という読後感を得ることが出来る。登場人物たちは皆、手に職持ちで会社勤めではなく、ある程度のお金に余裕もあるようで、僕が進むことになるだろう進路とはだいぶ違うし、登場人物たちも面倒な悩みを抱えているのだけれど。

登場人物たちが29歳になっても、昔の恋人とか大学時代の人間関係とかずるずるとたくさんのことを精算できないまま、でも毎日楽しそうに生きていることに共感を覚える。「ああでもなく、こうでもなく」と少しずつ考えて生きていくことは楽しい。

 

「この人、僕のこと疑ってるなと思うと、ホッとするんだよ」
「誰か心の薄汚れた人で中和しないと…自己嫌悪で死んでしまいそう!」
「物の貸し借りは恋愛の基本よね」
などなどのパンチラインも炸裂しまくりの本作、超おすすめです!

 

f:id:rikky_psyche:20160503181655j:plain

f:id:rikky_psyche:20160503181710j:plain

f:id:rikky_psyche:20160503182301j:plain

 

僕も周りの皆も就活で悩んでいるけれど、案外、29歳になってから振り返ってみれば、小さい悩みだったように思えるのではないかしら、とも「A子さんの恋人」を読んでいて思う。
小学生のときはリコーダーが苦手で、音楽のテストの前日は階段から飛び降りて、骨折して翌日休むかどうか本気で悩んでいたのだから。

 

いろいろ悩みはあるけれど、いろいろ頑張ろうと思いました。

 

 

人工知能に負けないための歯ブラシの話。

機械が人間の仕事を侵食するスピードは速くなっていくから、人がいまあるシステムで学び直しをしようとしても追いつかないから、人間が再学習するための新たな機会を作っていかないといけないらしい。だから、いくつになっても、ラリー・ペイジが言うように、人は毎日歯ブラシをするように学習をしないといけないらしい、と雑誌で読んだ。

f:id:rikky_psyche:20160326120639j:plain

 

受験勉強の際にひたすら復習をしろと言われたが、既に知ってる知識に対して興味を持つことが出来ず、殆ど復習をしなかった。やったら、やりっ放しの勉強を続けた結果、浪人した。浪人のときはひたすらに問題を解き続け、見たことある問題パターンが見えてくるようになったけど、結局、それは遠回りに復習をしているようなものだったように感じる。

 

就活やアルバイトをしていて思うが、やはり学習には何かしらの復習が必要である。社会人や上司からフィードバックをもらう事で、自分のアウトプットに足りないものを自覚できる。何事も自分にとって、想定外の切り口が存在する。

 

他人にフィードバックやアドバイスをするのって直接的にはその人の利益には繋がらないので、相手の未来への投資のように感じる。自分の思慮が浅すぎることが原因で尊敬する人たちにコストを支払わせてしまって申し訳ないと思う事も多い。

そんな申し訳ない気持ちを今日も感じた。僕はあまりコミュニティーに愛着を持たないのだが、今日で働いて三ヶ月しか経ってないインターン先の先輩たちが卒業してしまったことがほんとに寂しくて残念で仕方ないのだ。その残念さの正体は何なのか考えてみると、自分が四年生たちに学ばせてもらったことが多過ぎるのに、その学びから得られたことをまだまだ活かすことが出来なかったことが申し訳ないのではないか?と思えるのだ。いやでも、単純にもっと一緒に仕事したかっただけかもしれない。「もっと一緒に仕事したかったです!」って後輩に言ってもらえるように頑張ろうと思う。

 

申し訳無さに報いるために、毎日僕に素晴らしい歯ブラシを渡してくれる人たちのコストに応えるために、自分がそのコストのバトンを渡せるように、アウトプットをより良い物にしなきゃ。

人生は長い。歯を磨く時間がまだまだ沢山あると思うと、嬉しい。